NEWS -ニュース-

NEW PROJECT!!記事を直接見る
2013.04.26

こんにちは遠山です。
明日からゴールデンウィークですね。海外旅行にでも行きたい気分です。
しかしながらまだGWまでにやらないといけないジョブがたまっているので休めそうにもないですが‥

余談はこのぐらいにして今日は新しいプロジェクトがスタートしましたのでお知らせします!


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

今月プレゼン3件目です!今回はウエディングのレストランと待合室の増築のプロジェクトですよ!
増築することで、今ある式場に新たなコンセプトを加え、付加価値をつけるようなアイデアを提案しました!  先日プレゼンテーションをしてきましたので簡単にご紹介します。


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

地域で唯一のレストランウエディング。
シェフ自らがゲストと打ち合わせを行い、ふたりの思い出や希望を盛り込んだ特別な料理を提供する。 レストランはふたりにとって【忘れられない場所】であり、シェフにとって【最高のパーフォーマンスの場所】 外にまでレストランの印象を与えるような外観計画。
そんな新しく生まれ変わった空間を提案しました!


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

コンセプトは「DRESS TABLE-ドレステーブル-」
レストランを全面に押し出し、新しいタイプのレストランウエディングをつくり出す事が今回のポイントとなります。
それらをつくりだす為のデザインモチーフとして毎日新しい彩りと物語を生むレストランには不可欠な【テーブル】を用い、建物全体を【ドレス】のようにゆるやかに纏います。
DRESS TABLEは新たなシンボルとして、話題性やこの場所に愛着を持ってもらうきっかけとなります。


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

このように【DRESS TABLE】が建物を緩やかにまといます。


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

現状の建物の写真。
「良く言えばシンプル、悪くいえば中で何が起こっているのか分からないので人が来ない」と支配人は話していました。


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

レストランのテーブルが延長するようにして建物全体を覆うことでテーブルがシンボルとなり人々の活動が外に伝わっていくような構成となっています。


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

増築の全体像。
左手、右手のレストランと待合室を増築し、それらをつなぐように【DRESS TABLE】を配置することで新たなエントランス空間をつくります。


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

レストランから【DRESS TABLE】が延長します。


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

待ち合い室まで緩やかに伸びてきます。


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

ここからはレストラン部分のインテリアの話しです。
【70億分の2】という結婚という奇跡を空間で表現しました。
床面には数万個のガラスの破片を日本の伝統技術である左官で塗り固め、そのうち数個の破片のみ色合いを変えることで【70億分の2】=【結婚】を表現しました!


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

模型では表現しきれていないのですが、このようにガラスの破片で敷き詰められた空間はきっと二人にとって【忘れられない空間】になるのではないでしょうか。


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

支配人にはすごく気に入っていただけました! 
後は予算調整ですね‥ 頑張ります!


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

実は【DRESS TABLE】は待ち合い室から中庭を抜け、最後はバージンロードまで続いていくような意味合いも込められています。
レストランで出会ったふたりが曲がり道をしながら結婚というゴールに向かうようなストーリーです。恥ずかしくなってきたのでプロジェクトの話しはこれぐらにしまして一つ告知させていただきます!


$デザイン事務所 archi stat & associate(アーキスタット アンド アソシエイト)のblog

まだ先のお話にはなりますが3ヶ月後の8月31日(土)にアーキスタットの2周年パーティーを開きます!内容は現在考え中ですが‥ゲストやお世話になった方々をお呼びし、楽しいパーティーになればと思います。
基本的にどんな方でも飛び込み大歓迎のパーティーしますので乞うご期待です!!

次週は鷲見さんが広島!?よりお届けです。 旅のレポートになりますかね。皆さんご期待を!

written by archistat toyama

http://archistat.jp/
アーキスタットFACEBOOK

海外レポート in 広州記事を直接見る
2013.04.19

今晩は。
今tsukagawa香港にいます。
明日、帰国です。
ASのジョブではないのですが、コンペのCGや動画、模型製作の最後の詰め作業で中国の広州へ10日間缶詰になってました。
そんな中、無理矢理時間作って建築見て来たので、レポります。

広州は中国の南にあり、人口1100万人の大都市です。

photo:01


中国の都市部全てですが、渋滞は凄い…北京、上海、大連、深セン。全部同じラッシュ。
広州はご飯は広東料理で甘くて美味しいです。
初めて来た時は、これ食べてましたが…味は悪くないです(笑)
photo:02



さて、建築。
広州でずっと見たかった
東京国立競技場のコンペを取った、ザハ ハディットのオペラハウス。
photo:03


photo:04


初めてのザハ建築。
施工がきたないとか色々言われてるけど、やはりダイナミックな空間は純粋に感動。
photo:05


排気口まで、石で作るなんて…凄い…

SOMの通称タバコビル
photo:06


んー、かっこいい…
風が中央部の側部に空いてる穴から抜けて、ビルの風による揺れを軽減させてます。タバコのフィルターのような。
クールピットを採用しているらしく、地下の冷たい風がエントランスを流れて、ゼロエネルギーで快適な環境を作り出してました。熱い広州には最適!

広州一高い国際金融タワー
photo:07


三角平面のタワーで、キレイなプロポーション。
ただ、個人的にタワーよりも足元のランドスケープがキレイ!でワクワクしてました‼
photo:08


植栽の種類を高さ別にゾーニングして、キレイなリズム。
葉の色もキレイで植物が元気なコンディション!見てる方も元気になれます!
photo:09



あと、アートはこれ。

photo:10



時々コンセプトの分からないオブジェが中国にはあります(笑)
思わず笑ってしまう。
なにか、巨大な金の蝉は運気が良くなるのかな。





スタットは偏りのない色んな経験をしているメンバーが集まってデザイン会議をするので各自の体験談や経験、価値観をぶつけ合い、形を作ります。
それが楽しく、各個人のレベルを上げて、ドンドン良いものが作れているなーっと。

もちろん、火花が散るようなデザインバトルも多々ありますが(笑)
最後は良いものが出来るのでたのしいです!

では、来週は遠山がGW前の重大発表をしてくれるかなー?

また、三週間後に~!

ライター tsukagawa


http://archistat.jp/
アーキスタットFACEBOOK














PAGE TOP