NEWS -ニュース-

archistat presentation 麻布ber記事を直接見る
2014.10.31

休み無く頑張ってます!
毎週、色んなプロジェクトのプレゼンテーションに追われています!!
正直、幸せです。

アーキスタットはどのような提案をしてくれますか?っとの問い合わせが多いので、
本日は少しご紹介させて頂きます。

プレゼン依頼からご提案まで1週間でコンセプトから図面作成、CG、模型を作成して、いつも提案させてもらっています。照明や家具、塗装や使われ方まで、1つ1つ細かく検討してコンセプトを持たせた提案をして行く事でデザインの完成度を上げて行きます。

コンセプトシート 抜粋版





エントランス空間
(地下の店舗なので、インパクトあるエントランスデザインの提案)






やはり、地下に店を構えると集客に悩まれているお客様が多いです。地下にある事の
デメリットとメリットを提案して行きました。






座席レイアウトのプレキシビリティー
(イベントも行うberなので、座席を固定ではなく、店内を多様に利用できるよう提案)
適度な狭さが心地よい空間を提案し、ゆったり出来る場所もつくることで居心地の良さを作っています。



カウンター空間
(入り口付近はL型でカジュアルに飲める空間。イベントの時も入りやすい場所にしている)
エントランス入ってすぐに座席スペースだと落ち着かないので、フランクに利用できる立ち飲みスペースに。



天井デザイン
(天井高さの低い店内なので、透過性のあるデザインで圧迫感を感じさせない)
格子メッシュシートでビンテージ感を感じさせるように計画。



様々な角度からの模型写真
CGだけだとカット決まったアングルしか見れないですが、模型を作る事でどこからもデザインが確認出来るようにしています。



今回は、1週間でのデザイン提案でした。
デザイン提案はプロジェクトによって様々で、最短で1週間。長い物で1月くらいの検討する時間があります。

プレゼン前はほぼ徹夜ですが、自分たちの納得ができるデザインとコンセプト、クライアントに伝わる資料内容にする為に最後まで手抜きをしません。

世は3連休ですが、リノベーションプロジェクトも進行中ですので、出社ですねw
静かなオフィスで仕事するのが好きなんです。

ではでは、良い連休を~。

本日はCG専属のスタッフが入ったので歓迎会を行ってきます!
のむぞー!!


CONCEPT RENOVATION archi stat
archistat HP
archi stat FACEBOOK






 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 

archi stat model model model !!!!!!記事を直接見る
2014.10.24

すかり寒くなってきましたが、皆さん風邪などひいてないでしょうか?!
archi stat の所属するオフィスフロアは色んな所にマスクさんが居てと咳き込む声が聞こえています。(お大事に。。)

そんな中、嬉しい悲鳴ですが、怒濤のコンペラッシュと現業、リノベーション業務で毎日パンパンです。
(絶対風邪はうつらないようにしないと。。。)

不思議なもので、忙しくしてると面白いようにドンドン新しいお仕事のお声掛けを頂いてます。
年末にはニューヨーク視察で現地の不動産、都市計画、建築設計、インテリア、アーティストの方々とディスカッションとしてTOKYOとNYCの既存建築の使い方など建築交流を深め、マンハッタンとブルックリンのリノベーションを学びに行ってきます!

本日は来訪して頂いたお客様へarchi statの紹介もかねて、これまでにコンペやプレゼンで製作した模型を会議室に並べてプレゼンさせて頂いたので、写真を撮ってみました。


新築案件も増えて、大きな模型もあります。
よく見ると細かい機械などまで実は作り込んでいたりw


これまだまだ、一部ですが。建築学生の頃や住宅模型のスケールって1/100や1/200くらいですが、インテリア模型だと1/30か1/20とかで家具や植栽まで作り込むので見応えがありますね!

東京メトロのコンペで各駅ホームに待合所となるデザインのキオスクを提案した1/20模型。

久しぶりに見るとすごいポップ感ですね。吹き出しデザインやっぱりかわいいな。。

香川のオフィス1/20模型

店舗兼オフィスで、展示ブースでゆるく空間を区切る提案。
商店街に出来るオフィスだったので、外からも人が自由に入れてオフィスの一部をフリーに使えるようなデザインでした。

青山オフィス1/50

大きなワンルームのオフィスでリフレッシュスペースは階段で高見の見物デザインw
間仕切りも無くて気持ちいいだだっ広さです!


麻布十番バー1/30模型

ビンテージテイストで既存のコンクリート矩体などを活かしたデザイン。
これ実はエントランスが面白いんですよ。

高円寺のちいさなお菓子屋さん1/20模型

バイカラーの壁面やかわいらしさを店内にちりばめたデザインで、お菓子や木のぬくもりを感じるように考えたお店。

まだまだ、一部ですが模型はこうやって集めて見てみるとやかなり魅力的です。
子供の頃に、男でしたがドールハウスに感動したのを思い出しましたw

模型1つ作るのにも何日もかかるし、仕上がりを良くする為にプレゼン前は徹夜ですね。
学生の頃と全然変わってない...
でも、良い物を作りたいと同時に、自分たちの考え抜いたデザインやコンセプトをきちんと伝える為にはarchi statには模型は必要な道具です。
これからも、変わらず作り続けて行くと思います。


今夜も模型を作りつつ、図面を書いてます。

また、各物件の紹介は竣工写真と共にHPでさせて頂きます。

ではでは。


CONCEPT RENOVATION archi stat
archistat HP
archi stat FACEBOOK



PAGE TOP